Music Unlimitedがチャンス! 4ヶ月無料

はてなブログの人は必見|WordPressテーマ「SWELL」を使ってみた感想を赤裸々に語る

ワードプレス移行を迷うはてなブロガー:「WordPressテーマで迷うわ…はてなブログから移行した人の口コミが知りたい」

当ブログは、WordPressテーマ「SWELL」を利用しています。テーマ選びで迷ってるはてなブロガーさんは、是非この記事をご覧ください😌

この記事の想定読者
  • はてなブロブからWordPressに移行したいけどテーマ選びで悩んでる人
  • SWELLを実際使ってみた元はてなブロガーの感想が知りたい人

WordPressのテーマ選びで心がけたは、はてなブロガーが安心して飛び込んでいけるかどうか

SWELL」について口コミとか調べると、めちゃくちゃ評判良い。でもそれが逆に心配じゃないですか?

  • 評判はいいけどホントのことろはどうなの?
  • はてなブロガーでもちゃんと使えるの?
  • WPは難しそうだな…
管理人

はてなブロガーは移行前の悩みがめっちゃ深い

でも大丈夫ですよ。

この記事で、WordPress移行前の不安を潰していきます😌

この記事の内容
  • SWELLの基本情報・評判
  • はてなブログ目線での比較・感想
  • SWELLの購入・導入方法

はてなブロブからWordPressに引っ越してきた僕が、実際に9ヶ月間毎日使ってみた感想を、本音で赤裸々に綴っていきます。この記事がはてなブロガーさんのお役に立てれば幸いです。

筆者の実績

  • 2019年11月にはてなブログを開設。
  • 12ヶ月目にWordPressに移行。
  • 現在ブログ歴20ヶ月目。
  • 月間最高140,000PV。
  • 月間最高収益7桁。
  • 4ヶ月連続6桁以上達成。

▶ 1年続けたはてなブログから憧れのワードプレスに移行した3つの理由

Analyticsのデータ
目次|クリックでジャンプ

WordPressテーマ「SWELL」の基本情報と評判

WordPressテーマswellの感想

まず、WordPressテーマSWELLの基本情報からじっくりご覧ください。

WordPressテーマSWELL
価格¥17,600(税込)
(※ 支払いは一度だけ。月額や年額ではありません。)
販売元株式会社LOOS
対応ブラウザEdge・Chrome・Firefox・Safari 最新版
支払方法クレジットカード ( VISA / Master / AMEX / JCB )
ライセンス複数サイトで利用可

SWELLは17,600円で買い切りです。一度購入すると、月額や年額利用料を支払う必要はありません。

SWELL最新ニュース

SWELLは高めの価格設定

巷では「SWELLは高い」と言われています。

高いと言ってもSWELLの価格だけ飛び抜けて高いのではなく、他の人気テーマよりちょっと高いだけ。

管理人

これは高いとは言わないかもです。」

人気テーマ価格(税込)
【賢威】24,800円
SWELL17,600円
【THE THOR(ザ・トール)】16,280円
AFFINGER514,800円
JIN14,800円
SANGO11,000円

WordPressテーマを安さで決めるのなら、無料かつ汎用性の高いCocoonを選ぶといいかもです。

値段よりも、使いやすさと自分好みのデザインかどうかで選ぶべきだと思う。

\はてなブロガーでも使いやすい/

支払方法

支払方法は、クレジットカードのみ。

諸事情でクレカを持っていない人には厳しい。

複数サイトで利用可

SWELLは複数のサイト(ブログ)で利用できます。

デザインの着せ替えも可能で、6つのデモサイトが用意されているので、ブログテーマに合わせてデザインを変えられるのもいいですね。

「どれもオシャレだな…期待が膨らむわ…」

SWELLのデモサイト

はてなブログで、複数のブログを利用されている方でも、SWELLなら安心ですね。

» デモサイトはこちら

でもブログ初心者さんは、ここは後回しでOK。

なぜなら、初心者さんはまずは1つのブログを成長させるべきだからです。

いつか複数のブログを運営するとき、見た目の違うサイト(ブログ)が作れる。

SNSの口コミ

SNSの口コミに関しては、ちょっと評価が難しいです。

なぜかと言うと、SWELL買った人はみんなメリットしか言わないから。

https://twitter.com/yukkeblog/status/1373019035009388547?s=20
マスター

文句なし。

アフィリエイトプログラム

SWELLを購入するとアフィリエイトができます。

ASPへの登録は不要。

SWELLを利用しているサイト(ブログ)にSWELL公式サイトへのリンク(swell-theme.com)を設置、そのリンクを経由してSWELLが購入されると報酬が発生する仕組み。

具体的にはこうです。

テキストリンク

<a href=”ここにURL”>SWELL(HPページに移動)</a>

テキストリンクとは、↑外部サイトページへのリンクを表示したテキスト(文章)のこと。

実際にはこんな感じ。→ WordPressテーマ「SWELL」詳しく見る→「SWELL」

アフィリエイトリンク

この広告タグはSWELL独自の機能。

バナー型、アフィリエイト型、Amazon型、ランキング型の4パターンが作れます。

初回1度登録すると「広告タグブロック」から呼び出して簡単に使えるので、稼ぎたい人にはもってこいんの機能です。

画像リンク

以下の画像をクリックすると、SWELLホームページに移動する。

ボタンリンク

\国内最高峰の使い心地/

これがSWELLのボタンブロック。SWELLのアイコン()もクリックしたくなるかわいいボタンに仕上がります

こんな感じでSWELLへのリンクを貼るだけ。そのリンクを経由して購入されると報酬が発生する仕組みですね。

報酬額は1件あたり3,300円(税込)。

つまり、このブログからSWELLを購入いただけると筆者は喜びます😁

▶ SWELLで使えるアイコンの一覧

▶ SWELL専用アフィリエイトプログラムについて

さて、ここからは実際に9ヶ月運用してみた感想など書いていきますので、気になること聞きたいことがあればコメントからご質問ください。

はてなブログ目線での比較・感想

WordPressテーマswellの感想

ここからは、はてなブロガーさん目線で、心配事をカバーできたらいいなと思います。このトピックは、今後も気づいたことがあれば随時更新していきますね。

合わせて読みたい 僕は移行作業を代行してもらいました。知識が足りない、消耗したくない、失敗したくない、SEO評価を引き継ぎいという人は、専門の方に依頼するのが○です。はてなブログからWordPress移行3ヶ月目の運営状況で解説しているのでご参考ください。

僕がはてなブログからWPに移行したのは2020年12月。

数え切れないほどあった心配事の中で、1番気になっていたのは装飾です。

はてなの装飾はどうなる?

はてなブログで装飾を(マーカー・枠・吹き出しなど)使うには、CSSをたくさん追加して、やっとの思いでデザインが整いますよね。

これまで苦労して作り上げたはてなの装飾が、移行後どうなるか気になりませんか?

  • WordPress(SWELL)側の装飾が使えるのか
  • はてな側の装飾はどうなるのか
  • CSS詰め込んでるけど…

結論、両方使えます。

ただし、移行後はWordPress側(SWELLの)の装飾に切り替えて全リライトした方がいいかもです。

なぜなら、やっぱりSWELLの装飾がおしゃれだからですね。

この作業、記事数が多くなれば多くなるほど大変な作業になります😭

管理人

移行はお早めに!

WPって記事書くの難しい?

「SWELLはブロックエディタ完全対応だから使いやすい」とよくいわれますが、はてなブログの編集に慣れていたせいか、最初はちょっと戸惑うはずです。

でもそれって、はてなブログを始めた時と同じ。

ブロックエディター、評判通りめっちゃ使いやすいです!

特別な知識は必要なくて、毎日いじってれば誰でもすぐ慣れるレベルですよ。

比較項目はてなブログWordPress
記事を書く書きやすい書きやすい
装飾するカスタマイズ必須最高!カスタマイズ不要
テキストリンクHTMLで入力めっちゃ簡単
カスタマイズ消耗したノーカスタマイズ

ほとんどの項目でWPの方がかんたんで使いやすいです。しかも圧倒的に。

はてな時代は「こんな機能ほしいなー」って思ってどんどん追加していたデザインCSSですが、SWELLでは1個も追加していないですね。

結論、慣れるだけ。

ブロックプラグインUseful Blocks

管理人

これめっちゃ好き。

Useful Blocksは、ぽんひろさんとSWELL開発者了さんが共同開発された、ブロックエディタ専用のプラグイン。

デザイナーのぽんひろさんは、自身のサイト「ぽんひろ.com」で、コピペでできるブログカスタマイズを公開されていて、それをWPプラグインにしたものがUseful Blocksですね。

はてなブログでもCSSに追加すれば使えるので是非。→「ぽんひろ.com

WordPress
はてなブログ
  • CSS追加なしでおしゃれに
  • 執筆に集中できる
  • ブログ楽しい
  • デザインカスタマイズが大変
  • 消耗する

この(上表)比較表もUseful Blocksで書いていて、マウスをカチカチしてだけです。

Useful Blocksのインストールも簡単。

無料版でも5つの基本機能が使えます。

Pro版は激安1,200円買い切りで、色やアイコンの変更が自由自在になります。

  • ブロガー目線で使いやすさを追求
  • おしゃれでかわいいデザイン
SWELL×Useful Blocksで機能性が格段にアップする。

以下の記事で、Pro版の導入まで詳しく解説しているので、Useful Blocksが気になる方は是非。

全リライトが必須?

鬼作業が必要。

まず、WordPressには2種類の書き方があります。

  1. ClassicEditor(クラシックエディター)
  2. BlockEditor(ブロックエディター)

左がブロックエディタの編集画面で、右がクラシックエディタの編集画面です。違いがわかりますかね。

SWELL、BlockEditor
ブロックエディタ編集画面
SWELL、classiceditor
クラシックエディタ編集画面

はてな(はてな記法)から移行した記事は、最初クラシックエディタになっていて、そのままリライトするのはめっちゃ大変です。

マジでめまいがします。

かといって、「ブロックへ変換」してリライトするのも大変。HTMLコードがズラーッと表示されて戦意喪失です。

SWELL ブロックへ変換
マスター

ここで大事なこと言います。

文章を追加するのも、装飾をSWELLのものに切り替えるのも、全てブロックエディターに変換してやった方がいいです。めっちゃ大変だけど。

クラシックエディターのサポートは2022年で終了しますし、なによりブロックエディターで書く方が簡単で効率的だからですね。

管理人

鬼作業は必要だけど、慣れちゃえば大丈夫!リライトするたびにデザインがよくなっていくから、むしろ楽しいですよ。

カスタマイズは必要?

カスタマイズは必要?

ぶっちゃけ必要ありません。

デザインCSS追加した?

一度も追加していません。

実際この記事も、一切CSS追加していない状態で書いています。しかもマウスをポチポチするだけ。

はてなブログ時代からすれば夢のよう。

管理人

何でも出来ちゃうもんね。

だからこそ、はてなブロガーさんにはSWELLを使ってもらいたい。

SEO対策は?

SWELL公式サイトから引用します。

先に断っておきますが、「コンテンツ イズ キング」といわれる今、テーマによるSEOの差はほとんどありません。基本的に、どのテーマも最低限必要なSEO機能は実装されていますし、SWELLでももちろん充分なSEO機能を実装しています。

引用:https://swell-theme.com/feature/

そういうことです。

SEO対策は充分。あとは記事の質を高めよう!ってことです。僕もそう思います😌

目次が自動生成される

これは移行してきて嬉しかったことの1つ、目次の自動生成。

はてなブログではできないテーマもあるし、見出しがh3から始まる(謎)し、カスタマイズが必須でしたからね。

SWELLは目次が自動生成

h2、h3の見出しを作るだけで自動生成され、上図のように3種類の目次デザインから選択可能です。

はてなブロガーさんには嬉しい機能!

アドセンス広告の設置が簡単

はてなブログでは、各記事ごとに直貼りしていたアドセンス。

SWELLでは、簡単な設定をするだけで、全記事の目次上にアドセンス広告を設置できたりします。

アドセンスを貼る記事、貼らない記事の管理がしやすい。

カテゴリーの階層化に感動

カテゴリーの階層化に憧れませんか?

SWELLなら簡単にカテゴリー階層化できます。

SWELL カテゴリー 階層化

移行後、デザインを自分好みに作り上げていく。そんな作業時間がたまらなく楽しいですよー。

記事スライダーも簡単に

記事スライダー、おすすめ記事を横に流すアレです。

はてなブログ時代、羨望の眼差しでWordPress勢を見ていましたが、ついに自分も手に入れました。

僕のブログではまだ設置してません。いずれ設置します😌

» こちらのデモサイトで実装しています。

その他、使い方がわからない時の対処法

どんなことも最初はわからないものですけど、SWELLは設定マニュアルが充実してるから大丈夫です。

WordPress初心者、SWELL初心者の僕でも、設定マニュアルででほぼ完結します。

SWELLの設定マニュアルの感想

設定マニュアルで解決しない場合、「フォーラム」という購入者限定サイトがあるので、そこでSWELLに関するご相談や不具合報告ができますよ。

ただし、ほとんどのことは設定マニュアルでわかるので、ここも心配いりません。

この章は、今後も追記していきます。SWELLが気になるはてなブロガーさんは是非またご訪問くださいね😌

\はてなブロガーでも使いやすい/

SWELL以外のおすすめのテーマ

WPテーマ選びで悩む人:「ちなみにSWELL以外でおすすめテーマありますか?」

SWELL以外を使ったことがないので、正直わかりません。笑

人気テーマ価格(税込)
【賢威】24,800円
SWELL17,600円
【THE THOR(ザ・トール)】16,280円
AFFINGER514,800円
JIN14,800円
SANGO11,000円

このあたりが候補になってくると思いますが、僕の場合SWELLの魅力が勝ちました。

他のテーマを使ったことがありませんが、SWELLには何の不満もありません!とお伝えしておきます。

SWELLを購入する方法

まずは「SWELL公式」から。

「購入する」をクリック。

SWELLを購入する方法

利用規約にチェックを入れて、「SWELLを購入する」をクリック。

SWELLを購入する方法

メールアドレス・カード情報・カード所有者名・国または地域を入力して「¥17,600支払う」をクリックして完了です。

SWELLを購入する方法

購入後メールが届くので、【SWELLダウンロードリンク】をクリックしてダウンロードしましょう。

SWELLを購入する方法

zipファイルとして保存されます。

SWELLを購入する方法

WordPressへの導入方法は、管理画面の「外観」➜「テーマ」➜「新規追加」➜「テーマアップロード」➜「ファイルの選択」でOKです。※親テーマ→swell childの順で導入。

SWELLを購入する方法

SWELL CHILDを有効化して完了です。
「SWELL」をWordPressにインストールする方法は、以下の記事でわかりやすく解説してあります。

SWELL
WordPressテーマ「SWELL」をインストールする方法 | WordPressテーマ SWELL この記事では、「SWELL」をインストールする方法を解説していきます。 この記事で解説している設定をすませることで、WordPressテーマ「SWELL」を使い始めることができます...

\はてなブロガーでも使いやすい/

まとめ

WordPressテーマswellの感想

【まとめ】

  • SWELLは言われるほど高くない
  • はてなブロガーでもすぐに慣れる
  • はてなでできないことがほとんどできる
  • 移行後は楽しく鬼作業に没頭できる

「SWELL」はまだ情報が少ないと言われたりしてますが、実はもうたくさんの人が使っているので、そこは心配する必要ないです。

迷ってる人には「SWELL」を推します。きっと後悔しません。

あと、これだけお伝えしたい。

買ってしまえば、全く他のテーマは気にならないです😌

そして、WordPress移行を検討中なら早い方がいいです。

移行を先送りすると、リライト作業が今よりもっと大変になり、肝心の新記事執筆にも影響を及ぼしますからね。

「WordPress移行」という新しいチャレンジをすることで、ブログへのモチベーションは数倍跳ね上がりますよ。

WordPressテーマ「SWELL」、おすすめです😌

»「SWELL公式サイト」はこちらから

\はてなブロガーでも使いやすい/

  • ブロガー目線で使いやすさを追求
  • おしゃれでかわいいデザイン
SWELL×Useful Blocksで機能性が格段にアップする。

次の記事 はてなブログ(はてなドメイン)からWordPress移行後のアクセス(PV)は落ちる?3ヶ月目の運営状況

シェア

コメント

コメントする

目次|クリックでジャンプ
閉じる