2ヶ月99円で200万冊読み倒そうKindle Unlimited

【雑誌2強】楽天マガジンとdマガジンを比較!僕はこっちを選びました

ずっと雑誌を立ち読みしていたい、ブロガーのけいたろう(@chi_ta_africa)です。

さて本記事では、雑誌に特化した電子書籍読み放題サービスの2強、「楽天マガジン」と「dマガジン」の違いを比較していきます。

どちらも「安い料金でたくさんの雑誌が読める」のが魅力で、正直どっちを選んでも失敗じゃない。

差があるとすればほんのわずかな違いだけ。

これから両者の差を比較しつつ、あなたがどちらを選ぶべきか提案していきます。

ちなみに僕が選んだのは楽天マガジン

楽天マガジンの評判は意外に辛口多めですが、僕の感想は「幸福度高い」ですね。

目次|読みたいところにジャンプ

楽天マガジンとdマガジンについて

【2強】楽天マガジンとdマガジンの違いを比較!

では早速いってみましょう。

楽天マガジンとは

楽天マガジンとは、楽天グループ株式会社が運営する電子書籍配信サービスです。

基本情報
運営楽天グループ株式会社
サービス名楽天マガジン
電話番号0800-805-0500(受付時間:09:00-17:00)年中無休
ヘルプ(問い合わせページ)https://magazine.faq.rakuten.net/s/faq

dマガジンとは

dマガジンとは、株式会社NTTドコモが運営する電子書籍配信サービスです。

基本情報
運営株式会社NTTドコモ
サービス名dマガジン
電話番号0120-800-000(受付時間:09:00-21:00)年中無休
ヘルプ(問い合わせページ)https://magazine.dmkt-sp.jp/help/faq/

両サービスも、超が付くほどの大企業が運営していて信頼性が高いですね。

【2強】楽天マガジンとdマガジンの違いを比較!

楽天マガジンとdマガジンの違いを比較!

では、じっくりと比較表を見てほしいです。

違う部分だけ太字にしていますが、大きな違いはありませんね。

スクロールできます
楽天マガジンdマガジン
運営楽天ドコモ
月額料金¥418(税込)¥440(税込)
年額料金¥3,960(税込)月々換算¥330なし
無料体験31日間31日間
読み放題誌数900誌700誌
配信日紙の発売日当日~数日後紙の発売日から数日~数週間後の配信
専用アプリ
記事検索
ジャンル検索
キーワード検索
ダウンロード
バックナンバー
ポイント付与
支払方法クレジットカードクレジットカード
ドコモ決済
ポイント払い
対応デバイススマートフォン、タブレット、パソコンスマートフォン、タブレット、パソコン
マルチデバイス最大5台最大5台
太字が違うところ

上表の中から、気になる4つに絞って深掘りします。

4つの違い
  1. 月額料金
  2. 年額プラン
  3. 読み放題雑誌数
  4. 支払方法

料金

楽天マガジン
dマガジン
  • ¥418(税込)
  • ¥440(税込)

月額料金は楽天マガジンの方が22円安いですが、これは互角と言ってもよいでしょう。

パット見の印象では「楽天マガジンが安い」とはなってしまいますが、正直どちらも安い!!

例えば、一冊400円くらいで毎週販売される週刊文春をコンビニで買えば1ヶ月1,200円。それが、400円ちょっとで全部読めちゃうわけですからね。

管理人

やっぱり圧倒的な安さですね。

他の雑誌も読めるけど、「俺は文春しか読まねぇ!」という方でも間違いなく得します。

楽天マガジン」も「dマガジン」も安い!

年額プラン

楽天マガジン
dマガジン
  • 3960円(税込)
  • なし

年額プランがあるのは楽天マガジンのみで、年額¥3,960(税込)(月々¥330の計算)

月額プランを1年続けるより1,000円ちょっとお得です。

1年間で5,280円になってしまうdマガジンとは1,300円の差がつく。

管理人

いやぁこれは楽天マガジン優勢ですね。

長い目でみたら「楽天マガジン」が安くておすすめ!

読み放題タイトル数

次に、読み放題のタイトル数で勝負。

楽天マガジン
dマガジン
  • 900誌
  • 700誌

ちょっと前まではどちらも700誌で同じでしたが、ここにきて楽天マガジンが一気に900誌まで伸ばしてきましたね。

料金は安く、読み放題のタイトル数でもdマガジンを上回ります

でも、ここで単純に楽天マガジンを選んではいけないですよね。

自分が読みたい雑誌があるのか?そこを確認しておいたほうがいいです。

読み放題タイトル数は、900誌読める「楽天マガジン」の勝ち!

僕の考え方

僕は読みたい雑誌が読めなくても、そのジャンルが豊富なら満足します。類似する雑誌が読めたらOKかなと

例えば「男性ライフスタイル」ジャンルで、お目当ての雑誌がなくても他にこれだけの雑誌が読めるなら全然良いよね!という考え。

楽天マガジンとdマガジンを比較

てことで、ここまでは僕の中で楽天マガジンが一歩リード!

支払方法

楽天マガジン
dマガジン
  • クレジットカード
  • クレジットカード
  • 携帯決済

支払方法はdマガジンにアドバンテージ。

契約者数が約8,000万件超(2021年)を誇るドコモユーザーなら、携帯代といっしょに支払えるからいいですよね。

支払方法については、クレジットカードのみの楽天マガジンよりdマガジンが優位かも

あとで後述しますが、それぞれ楽天ポイントとdポイントでのお支払いも可能です。

次の章でもうちょっと比較してみましょうか。

その他の機能を比較

楽天マガジンとdマガジンを比較
スクロールできます
楽天マガジンdマガジン
運営楽天ドコモ
無料体験31日間31日間
専用アプリ
記事検索
ジャンル検索
キーワード検索
ダウンロード
バックナンバー
ポイント付与
ポイント払い
対応デバイススマートフォン、タブレット、パソコンスマートフォン、タブレット、パソコン
マルチデバイス最大5台最大5台
太字が違うところ

ここから先、その他の機能や使い勝手についてはぶっちゃけほぼ互角。

多少違うくらいで特に差はないと言えるでしょう。

専用アプリの使い心地は?

アプリの使い心地ですが、読みたい雑誌を選んで読むには大差なしです。

あと、両者に言えることですが、スマホアプリだと小さくて読みにくいのが難点

電子書籍はタブレットで読むのがベストですよ。(上記ツイート参照)

僕はFireタブレットで楽天マガジンを読んでいます。

ただし、Fireタブレットで読むには注意点があるので、別記事をご参考くださいね。

検索機能

検索機能はほぼ互角。

たとえば、「コロナ」関連記事を探したい時、検索窓に「コロナ」と入力すると、雑誌タイトルに関わらず探してきてくれます。

いろんな雑誌から、コロナ関連記事を引っ張ってきて表示してくれます。

楽天マガジンとdマガジンを比較

便利機能は両者に付いています。これは書店では不可能なので電子書籍ならではです。

オフラインで使える?

オフラインで読めるのって何がいいかというと、ギガ不足に陥らないのはもちろんですが、読みたいタイミングでストレスなく読めるのが○なんです。

例えば、お昼休みと電波が混み合う時間帯に読みたい雑誌をダウンロードしようとすると、結構時間がかかります。

特に、格安SIMを利用している方は時間を要すると思います。

これではサクッと読める電子書籍の魅力半減ですよね。

ギガが減らない、読みたい時にサッと読めるオフライン再生は必須機能です。

両者オフラインで使えます。

バックナンバーは読める?

両者ともにバックナンバーが読めます。

「何ヶ月前の号まで読めるか」については、雑誌によって違います。

スクロールできます
雑誌タイトル楽天マガジンdマガジン
文春13バックナンバー18バックナンバー
フライデー5バックナンバー5バックナンバー
CanCam3バックナンバー3バックナンバー
anan2バックナンバー3バックナンバー
CAMP LIFE 2バックナンバー1バックナンバー

数冊を抜粋して表にしてみましたが、このようにバラバラです。

なんとなくdマガジンの方が多くのバックナンバーが読めそうな感じかも。

バックナンバーは、多少の差はあるものの両者ともにたくさん読める。

ポイントはつく?利用できる?

楽天マガジン
dマガジン
  • 月額プラン 418円:4ポイント
  • 年額プラン 3,960円:39ポイント
  • 100円(税抜)につき1P
楽天マガジンは変更される

2022年4月1日(金) からは税抜価格でポイント換算するように変更されます。

  • 月額プラン   380円(税抜):  3ポイント
  • 年額プラン3,600円(税抜):36ポイント

つまり、両者同じ条件になりますね。

またポイント付与時期は以下のとおりです。

  • 決済日から20日後
  • 利用月の翌月10日以降

ポイントでの支払いは可能?

楽天ポイントまたはdポイントで支払えます。

楽天での買物が多い方はポイントが相当貯まっていることでしょう。

管理人

支払いに使っちゃってください。

ドコモユーザーならdポイントが使えるdマガジンの方が良さそうですが、dポイントはなかなか貯まらないイメージ。

両者とも同じ条件でポイント付与され、支払いにも利用できる。ここはポイントが貯まりやすい 「楽天マガジン」 が優位。

マルチデバイス

楽天マガジンとdマガジンを比較。マルチデバイス
PCとFireタブレットで同時に雑誌が読める

マルチデバイス(※別々の複数デバイスでコンテンツを利用できること。)についても両者ともに最大5台まで利用可能です。

1人なら多くても2台くらいしか使わないかもですが、他の家族が利用するなら便利です。例えばこんな時。

僕は会社の昼休みにスマホでキャンプ雑誌。妻は自宅のタブレットで料理雑誌を。

1つのアカウントでこんなことができちゃうので、即、元が取れちゃいます。

おすすめの選び方

楽天マガジンとdマガジンを比較。おすすめの選び方

楽天マガジンがおすすめの方

  • なるべく安いほうがいい
  • 楽天ポイントを貯めたり使ったりしたい方
  • 読み放題の雑誌数は、多いに越したことがない

そんなあなたは月額418円(税込)で900誌読み放題の 「楽天マガジン」 をどうぞ。

\年額¥3,960で年間¥1,056の得/

31日間0円で試す

dマガジンがおすすめの方

  • ドコモユーザー
  • dポイントが貯まってる方
  • 携帯代といっしょに支払いたい方

そんなあなたは440円(税込)で700誌読み放題のdマガジンをどうぞ。

月額440円で700誌読み放題

まずは無料トライアル!

まとめ

【2強】楽天マガジンとdマガジンの違いを比較!

雑誌サブスクリプション界の【2強】、楽天マガジンとdマガジンを比較してきました。

管理人

まだ決まっていない人いますか?

もし決められないのなら、思い切って僕がおすすめする「楽天マガジン」にしましょう!

おすすめの理由は3つ。

楽天マガジンで決まり!
おすすめの理由は3つ
  • dマガジンより安い
  • dマガジンより読める雑誌が多い
  • 楽天ポイントが貯まる・使えるから

立ち読みが好き」という方ならきっと満足できるはずです。

管理人

31日間、無料で試してみよう!

\年額¥3,960で年間¥1,056の得/

31日間0円で試す

月額440円で700誌読み放題

まずは無料トライアル!

楽天マガジン関連記事

楽天マガジン」 を使い始めてから書いた記事一覧です。

かれこれ1年半使っているのでよかったら是非!

よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次|読みたいところにジャンプ