聴く読書2か月無料+100ポイント貰えるオーディブル

意外と多い?Audibleのデータ通信量を半分にする節約方法

人気のオーディオブックサービスAudible(オーディブル)は12万タイトル聴き放題が魅力ですが、毎日聴きまくっていたら意外とデータ通信量が多くかかっていることに気付いていますか?

えっ、まじかよ。月々3GBのスマホプランなんだけど。

3GBプランでAudibleを聴きまくるのはちょっと危険です!

管理人

でも大丈夫です。通信量を気にせず使えるAudibleアプリの設定をしておくとOKです。

設定方法は簡単です。本記事で写真付きでわかりやすく解説するので、是非最後までお読みくださいね。

本記事の結論
  • 音質は標準と高品質がある
  • 標準に設定すると高品質の半分の通信量で済む
  • ほとんど音質は劣化しない
  • 必ずオフライン再生する
  • モバイル通信でオンライン再生ができないよう設定できる
目次|読みたいところにジャンプ

Audibleとは

Audibleとは

Audibleとは、音声で読書ができるオーディオブックサービスです。

プロのナレーター、声優、俳優さんが朗読してくれるため聴きやすく読書に没頭させてくれます。

過去に読書にチェレンジするも「失敗してきた」という方は、Audibleを活用してみるといいですよ。

思ってたより読書ができている自分に気づくはずです。

そんなAudibleの料金と特典を見ていきます。

Audibleの料金と特典

以下の表をご覧ください。

スクロールできます
Audibleaudiobook.jp
料金(税込)月額1,500円
年額プランなし
月額880円
年額7,500円
主な特典12万冊以上聴き放題1万冊聴き放題
その他の特典ポッドキャスト聴き放題ポッドキャスト別料金
無料体験期間30日間14日間
audiobook.jpと比較

Audibleは月額料金¥1,500です。

付いてくる特典がすごくて、12万タイトルのタイトルが聴き放題になります。

聴きすぎると追加料金とられるんじゃないの?

ひと月に100冊聴こうが1,000冊聴こうが¥1,500円以上の料金はかかりませんよ。

また、ジャンル豊富なポッドキャストも追加料金無しで聴き放題なので、ビジネス系のオーディオブックばかりでちょっと疲れた時にポッドキャストを聴くと心がホッとします。

では、ここからが本題です。

たくさん聴けるのが魅力ではあるんですが、そのままの設定でオーディオブックを聴くとデータを消費してしまい危険です。

Audibleの通信量がどれくらいかかっているのか調べてみました。

Audibleの通信量はどれくらい?

気になるAudibleの「通信量」はどれくらいなのでしょうか?

管理人

Audibleのサポートに直接問い合わせてみました。

Audibleの通信量はどれくらいでしょうか?

タイトルの容量や操作(早送りや巻き戻し、スキップ等)によって異なりますが、目安として1時間のものが「標準」で15MB、「高品質」で30MBが通信量として消費されます。仮に10時間のタイトルを高品質で聴くと10時間×30MB=300MBとなります。

「標準」「高品質」とは?

Audibleアプリをダウンロードしたままデフォルトで使うと、音質は「高品質」になっています。

つまり、そのまま使うと通信量は1時間あたり30MB消費していると認識しておきましょう。第2章で音質切り替え方法を解説します。

スクロールできます
高品質標準
1時間あたり30MG15MB
5時間のタイトル150MG75MB
10時間のタイトル300MB150MB
ハリー・ポッター死の秘宝(35時間)1.05GB525MB

表のように、タイトルによっては1タイトル1GB超えます。

月々1~3GBのスマホ料金プランの方は注意が必要ですね。

Audibleだけで3GB超えちゃうじゃん。

でも大丈夫です。しっかり対策できるので最後までご覧くださいね。

どんな時にデータを消費するのか

では、どんな時にデータを消費するのでしょうか。

例えば、自宅のWi-Fiに接続してあらかじめダウンロードしオフライン再生すると、通信量はかかりません

通信量がかかるのは次のようなときです。

  • モバイル通信でタイトルをダウンロードする時
  • モバイル通信でストリーミング再生する時

聴きたい時に即再生すると通信量がかかってくるんです。

詳しくは第3章1節で解説します。

では、次の章で通信量を半分にする方法を解説していきます。

Audibleのデータ通信量を半分にする方法

Audibleのデータ通信量を半分にする方法
Audibleのデータ通信量を半分にする方法

Audibleの通信量を半分にして、読書だけに集中しよう!

管理人

簡単なのでしっかり設定しておこう!

Audibleの通信量を半分にする方法は次の3ステップです。

STEP
Audibleアプリの設定を開く
STEP
データ&ストレージを開く
STEP
標準にチェックを入れる

Audibleアプリの設定を開く

Audibleがはじめての方は、先にこちらの記事「【Audible無料体験】会員登録方法をやさしく解説!2022年最新」を読んでおくといいかもです。

Audibleアプリのプロフィールをタップ、設定(歯車マーク)をタップ。

Audibleのデータ通信量を半分にする節約方法
Audibleのデータ通信量を半分にする方法

データ&ストレージから標準にチェック

データ&ストレージをタップし、標準にチェックを入れよう。

Audibleのデータ通信量を半分にする方法
Audibleのデータ通信量を半分にする方法

この設定で1時間あたりの通信量が高品質の30MBから標準音質の15MBに変更され、通信量が半分になります。

スクロールできます
高品質標準
1時間あたりのデータ消費量30MG15MB
5時間のタイトル150MG75MB
10時間のタイトル300MB150MB
ハリー・ポッター死の秘宝(35時間)1.05GB525MB
管理人

Wi-Fi環境がないなど、どうしてもストリーミング再生で聴きたい時でも半分の通信量で済みます。

ちょっと待って!これでも結構ギガ食っちゃうのか。もっといい方法ないの?

では次に、確実に「通信量を節約したい人向け」の設定方法をご紹介します。

Audibleの通信量を確実に節約したい人へ

たくさんオーディオブックを聴きたい。でも通信量は抑えたい!

そんな方は次の方法で節約できるでしょう!

確実に通信量を節約する方法
  • 必ずオフライン再生する
  • Wi-Fi接続時のみオンライン再生とダウンロードを行う

必ずオフライン再生する

(※下図参照)再生画面でそのまま再生をタップして聴くとストリーミング再生になり、通信量(ギガ)を消費します。一旦ライブラリーに追加し、Wi-Fi接続でダウンロード後、オフライン再生を徹底しましょう。

Audibleの通信量を確実に節約したい人へ
管理人

もっと確実なのは、「Wi-Fi接続時のみオンライン再生とダウンロードを行う」設定にしておくことです。

次節をご覧ください。

Wi-Fi接続時のみオンライン再生とダウンロードを行う

Audibleアプリの設定→データ&ストレージ→Wi-Fi接続時のみオンライン再生とダウンロードを行うに設定しておくと、モバイル通信での再生はできません。

Audibleの通信量を確実に節約したい人へ

この設定にしておくとWi-Fi接続時のみしかオンライン再生しません。

再生できるのはダウンロードしておいたタイトルのみになり通信量がかからないのです。

きた!これだな。

嫁のハル

この設定なら心配がいらないよね。

おまけにもう一つやっておくべき設定を紹介します。

自動削除

また、通信量とは無関係ですが自動削除をオンにしておくとスマホのストレージを圧迫しないのでおすすめですよ。

Audibleの通信量を確実に節約したい人へ

繰り返し聴きたいタイトルまで非表示にしてしまうデメリットはあるものの、ストレージでお困りの方は「自動削除」がおすすめですよ。

まとめ

意外とかかるAudibleのデータ通信量を半分にする節約方法
本記事の結論
  • 音質は標準と高品質がある
  • 標準に設定すると高品質の半分の通信量で済む
  • ほとんど音質は劣化しない
  • 必ずオフライン再生する
  • モバイル通信でオンライン再生ができないよう設定できる

ちょっとしたひと手間で通信量問題は解決します。

それでは、心置きなくオーディオブックをお楽しみください!

管理人

おすすめのオーディオブックはこちらの記事でまとめました。

登録がお済みでない方
よかったらシェアしてね
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次|読みたいところにジャンプ